企画展のお知らせ張基德 茶碗展-春のアリラン

2020年 2月 6日(木) ~ 11日(火) 11:00~17:00



作家張基德は韓国密陽(ミリャン)で靑峰窯三代目としてオンギ技術 と粉青沙器技術を受け継ぎ主に韓国や日本の茶道具を中心とした 作品を制作しています。 今回歴史ある有田でミリャン焼きの初披露となります。 皆様の御来場を心よりお待ち致しております。 令和二年 春 ギャラリーペクパソン副館長 盧眞珠 ●張 基 德 (Jang ki Deuk ) 東亜大学校 芸術大学 工芸科 卒業, 同 大学院 応用美術学科 卒業 檀国大学校 大学院 陶芸学科 卒業(博士課程) 慶尚南道 茶碗 招待 公募展 運営委員長(2017, 2018) 密陽茶文化祝祭 運営委員長(2019) 密陽工芸文化協同組合 理事長 靑峯窯 / 密陽陶芸文化Center 韓国茶陶文化研究所 代表 東亜大学校 芸術體育大学 工芸科 兼任教授陶磁芸術学 博士 慶尚南道 最高匠人 大韓民国 茶器名人 個人展 22回-韓国 : SEOUL,釜山,蔚山,淸道,江陵,密陽 日本 : 京都,名古屋,有田 中国 : 杭州 オーストリア :ビエンナ 慶尙南道 茶碗 招待 公募展 大賞(2009) 名茶器 公募展 銀賞 2回 & 特選(2009, 2010) Tea World 国際 茶道具 公募展 銀賞 & 特選 -韓国 觀光公司社長賞 (2010) 韓国沙鉢學會 沙鉢公募展 金賞(2011) 2012年 名茶器 公募展 大賞(茶碗) -文化體育觀光部長官賞 受賞 2013年 全国 傳統 茶碗 公募展 大賞 -文化體育觀光部長官賞 受賞 各種 公募展 35回 受賞        張基德 茶碗展—春のアリラン

< 期間中イベント > 韓国茶と抹茶を作家自身が自作の器でおもてなしします。 6(木), 8(土), 11(火) - 11時 / 14時 お茶券 : 1000円(当日受付)

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示