オープニングの様子

2月とは思えないほどの好天に恵まれ、ギャラリー ペクパソンのオープニングイベントには沢山のお客様にご来場頂きました。幸先の良いスタートとなり感謝の気持ちで一杯です。

館長挨拶、韓国女性陶芸家2人展の作家挨拶に続きテープカット、記念植樹。午後にはオープング記念講演として 中里紀元先生よる 『百婆仙など「やきものづくり」を支えた女たち』に関する興味深いお話を拝聴することが出来ました。有田をはじめ肥前地区一帯は、多くの朝鮮人陶工が深くかかわって発展を遂げてきたのだと言うことを改めて痛感するとともに、この場所が二つの国の友好をさらに深め、未来に向けてより良い関係を紡いでいくための足がかりとなるよう運営してまいりたいとの思いを強くしました。


0回の閲覧0件のコメント